【初心者向け】仮想通貨は販売所と取引所の違いを知らないと損します!メリット・デメリットをやさしく解説!

【初心者向け】仮想通貨は販売所と取引所の違いを知らないと損します!メリット・デメリットをやさしく解説!

こんにちは!ビットコヌシです!

いきなりですが、仮想通貨を購入する際に販売所とか取引所というワードを聞いたことはありませんか?

この販売所と取引所の違いは非常に重要です。主に手数料で差が発生しますので、知らないうちに損してしまう可能性があります。しっかり理解しておきましょう。

取引所と販売所とは?

それでは、まず「取引所」と「販売所」とは何なのか解説していきます。

仮想通貨を入手するためには、ビットフライヤーやザイフなどの仮想通貨取引所に登録し、仮想通貨を購入する必要があります。

仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する方法には2種類あります。「販売所で購入するか」「取引所で購入するか」という2種類です。

販売所と取引所のイメージは上記のとおりで、大きな違いは誰から仮想通貨を購入するかという点です。

販売所は、仮想通貨取引所の運営が仕入れている仮想通貨を直接購入できます。イメージとしてはコンビニとかスーパーで物を買うイメージでしょうか。

一方、取引所は仮想通貨取引所を利用している個人と個人で取引を行い、購入することができます。イメージとしては個人と個人でやり取りするヤフオクとかメルカリが近いかもしれません。

「販売所」のメリット・デメリット

先ほど、販売所は運営が仕入れた仮想通貨を直接購入する方法。つまりコンビニで商品を買うようなものだと解説しましたが、この購入方法はどのようなメリットとデメリットがあるか確認していきましょう。

メリット:購入が比較的簡単

コンビニで目当ての商品を購入する。ヤフオクで目当ての商品を購入する。どちらが簡単に購入できるでしょうか。当然コンビニの方が簡単に購入できますよね。

コンビニでは商品が並んでいて、価格が表示されていますので、表示された金額を支払えば必ず好きな数量を購入することが出来ますし、スピーディに買い物を済ますことが可能です。

販売所で購入する場合も同じで、価格のとおりに代金を支払うとすぐに欲しい量の仮想通貨を手に入れることが出来ます。

それでは、実際に販売所で購入する流れを見てみましょう。
今回はビットフライヤーで購入する例を紹介します。

ビットフライヤーでビットコインを購入する場合、上記のような画面で取引することが出来ます。
現時点の購入する場合の価格と売却する場合の価格が分かりやすく表記されてます。購入したい量を決めればワンボタンで仮想通貨を手に入れることが可能です。簡単でしょ?

デメリット:スプレッド(手数料)が高い

「販売所が分かりやすいなあ!販売所一択やんけ!」と思うかもしれませんが、当然デメリットはあります。
先ほどのビットフライヤーの画面をもう一度見てみましょう。
(スクショのタイミングがずれて価格が変動しちゃってます…笑)

これを見れば分かるように購入価格と売却価格に大きなズレがありますよね。
この価格の差をスプレッドと言います。「スプレッド=取引手数料」と考えていただいてOKです。この価格差による利益によって仮想通貨販売所は運営を続けることが出来ます。

販売所のデメリットはこのスプレッドです。簡単に取引を行うことが出来る反面、手数料を多く取られてしまいます。フルサービスのガソリンスタンドみたいなイメージか(??)

「取引所」のメリット・デメリット

「取引所」では個人と個人で仮想通貨の取引を行います。イメージとしてはメルカリとかヤフオクに近いと解説しましたが、「取引所」で仮想通貨を購入するとどのようなメリットとデメリットが発生するか確認していきましょう。

メリット:取引手数料が安い

先ほど「販売所」で購入した場合には、スプレッドと呼ばれる購入額と売却額の差が発生してしまうと解説しました。一方、「取引所」で購入すると個人と個人の取引になりますので、購入額と売却額の差は小さく、手数料をかなり抑えることが可能です。

実際には、0~0.1%前後の手数料を取られますが、販売所で購入した場合は5%程度の手数料を取られることを考えると無駄な手数料を払わず、お得に仮想通貨を購入することが可能です。

それでは実際に販売所と取引所で購入した場合、どれくらいの差が発生するのか見て行きましょう。

上の画像はほぼ同時刻の販売所での価格と取引所での価格を画面コピーしたものです。表示されている価格から、取引所で購入した方がお得だということがはっきりと分かります。購入価格の差を比較すると約12,000円の価格差が発生していますね!

デメリット:購入までに手間がかかる

「取引所」で購入する場合は、板取引という方法で仮想通貨を購入する必要があります。板取引とは自分を含めた取引所に参加するユーザーが「何円で買いたい」「何円で売りたい」というのを指定することで仮想通貨の取引を行うというイメージです。

板取引で購入する場合は、この取引の仕組みを理解する必要がありますし、販売所と比較すると仮想通貨の購入まで手間が発生します。また、個人と個人の取引なので価格が大きく変動しているときには、必ずしも希望の金額で購入出来ない場合もあります。

販売所と取引所どちらで購入すべきか

 メリットデメリット
販売所初心者でも簡単に仮想通貨を購入できる取引手数料(スプレッド)が5%程度と高い
取引所取引手数料が0~0.1%程度取引するためには板取引を理解する必要あり。手間がかかる。
販売所と取引所のメリット・デメリットを比較すると上の表のとおりになります。

両者ともにメリット・デメリットが存在しますが、私は断然「取引所」で購入することをオススメします。
取引所で仮想通貨を購入するためには、板取引という投資初心者にとって少し抵抗がある方法を理解しなければなりませんが、板取引で仮想通貨を購入する方法は10分くらい勉強すれば簡単に理解できます。その10分の勉強時間と少しの手間で安く購入できるためどちらが良いかの判断はおまかせします。

本ブログでも分かりやすい板取引の解説を別記事で作成中です!

アルトコインの板取引ができる取引所は?

仮想通貨“取引所”と銘打っている国内取引所はたくさんありますが、取扱い仮想通貨のうち一つでも板取引されていれば仮想通貨取引所と名乗ることが可能という点に注意です。

有名な仮想通貨取引所であるコインチェックでは、板取引できる仮想通貨はビットコインのみで、他のアルトコインは販売所のみでの取扱いとなっています。したがって、ビットコイン以外の購入時には高い手数料を支払う必要があります。

そのため、登録すべき仮想通貨取引所では、ビットコインだけでなくアルトコインも板取引で購入できる取引所を選ぶべきです。

今から紹介する仮想通貨取引所はほとんどの仮想通貨を板取引で購入できます。
主な違いとしては取り扱っている仮想通貨の種類ですので、自分の購入したい仮想通貨を取り扱っている取引所を利用してみてください。

取引所カテゴリの最新記事