初心者はビットフライヤー(bitFlyer)で仮想通貨を始めていいのか?

初心者はビットフライヤー(bitFlyer)で仮想通貨を始めていいのか?

こんにちは!仮想通貨の妖怪ビットコヌシです。

日本国内で仮想通貨取引所はたくさんありますが、特にビットフライヤーは多くの仮想通貨ブログでオススメされており、人気の高い仮想通貨取引所です。

さて、本当にビットフライヤーで仮想通貨を始めていいのか、取引所の特徴などを整理しながら分析していきます。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーの基本情報

運営会社名株式会社bitFlyer
所在地東京都港区赤坂3-5-5 ストロング赤坂ビル8階
代表取締役加納裕三
サービス開始日2014年5月
資本金41億
出資企業(株主)・みずほファイナンシャルグループ
・三菱UFJキャピタル株式会社
・リクルートetc...
取扱仮想通貨7種類
ビットフライヤー(bitFlyer)は2014年5月に仮想通貨取引所としてのサービスを開始しました。
日本国内の仮想通貨取引所では最大規模であり、口座開設者数と仮想通貨の取引量も最大級となっています。

代表取締役の加納氏は日本ブロックチェーン協会の代表理事を務めており、企業としても信頼度の高い取引所だと考えられます。

取引所の中でも最初にCM放送を行ったり、代表の加納裕三さんが日本ブロックチェーン協会の代表理事を務めたりと、仮想通貨取引所の中でも知名度・影響力が高い取引所となっています。


取扱いのある仮想通貨銘柄は上記のとおり7種類です。取扱い数としては少ないですが、どれも金融庁のホワイトリストに掲載されている実績のある仮想通貨を取り扱っています。

ビットフライヤー公式WEBサイトにアクセス

ビットフライヤーのメリット・デメリット


ざっくり言うとこんな感じの取引所です。ここからはメリットやデメリットについて詳しく見て行きましょう。

セキュリティ面の信頼度は高い

2018年2月には仮想通貨販売所のコインチェックが6億ネム(当時480億相当)を不正流出させてしまいました。その後、保有者に対しては現金での補償を行いましたが、保有者は売却が出来ず相当な機会損失を被りました。

実際私もコインチェックに一部通貨を保有しており、損切りが出来なかったせいでかなり損失を被りました。
仮想通貨取引所においてセキュリティ面は一番大切な要素です。せっかく購入した仮想通貨が盗まれてしまっては元も子もありません。

さて、ビットフライヤーは信用できる仮想通貨取引所なのか確認していきましょう。
まずは、セキュリティ面について、以下はビットフライヤーのセキュリティシステムの実装状況を表にしてものです。

二段階認証実装済み
コールドウォレット実装済み
マルチシグネチャウォレット実装済み
(1)二段階認証
二段階認証システムはユーザーがログインする際に使用するIDパスワードとは別に認証アプリを使ってログインを行うというものです。このシステムはほとんどの仮想通貨取引所が実装している当たり前の機能です。
これを実装していない取引所は使う価値はありません。
参考記事:二段階認証の設定方法とバックアップ方法

(2)コールドウォレット
コインチェックがハッキングされてしまった原因の一つとして顧客の仮想通貨をコールドウォレットではなく、ホットウォレットに保管していたという事実があります。

コールドウォレットはインターネット上から切り離されたウォレットと言う意味で、インターネット上に繋がっていないため、ハッキングされません。というか繋がっていないので物理的に無理です。一方ホットウォレットはインターネット上に繋がっているウォレットを言います。

・コールドウォレットに 80% 以上を保管
お客様及び bitFlyer が所有する 80% 以上のビットコインは、ネットワークから隔離されたコールドウォレットに保管されています。コールドウォレットは多数の物理セキュリティロックと、24 時間監視システムにより強固に守られております。
引用:bitflyer.jp/ja-jp/security

ビットフライヤーではビットコインの80%以上をコールドウォレットで保管しています。つまり、毎日取引される分はネットワーク上に必要なので、必要分だけをホットウォレットに入れておいて、取引されないものはコールドウォレットに入れることで万が一ハッキングされた場合の損失を最小限に抑える体制を整えているということです。

(3)マルチシグネチャウォレット
コインチェックがハッキングされてしまった原因はもう一つあります。それはマルチシグネチャウォレットを実装していなかったという点です。

・マルチシグネチャ
マルチシグはセキュリティーを追求した、最新のビットコインテクノロジーです。通常のビットコイン・アドレスとは違い、マルチシグのアドレスはビットコインを送付するために複数の署名が必要です。
必要な署名の数は「2/3」のように分数で表されます。この場合「事前に作られた 3 つのプライベートキーの内、2 つのキーでの署名が必要」という意味になります。
マルチシグを採用することで高セキュリティのウォレットを構築できます。最重要データであるプライベートキーが 1 つ漏洩しても、別のキーが無ければビットコインの送付が出来ないからです。攻撃者が 2 つ以上の別々の設計のプラットフォームに同時に侵入することは非常に困難です。
またマスターキーをひとつ持たせ、それをネットワークに接続していない安全な場所に保管することで万が一プライベートキーを紛失したときの保険になります。
引用:bitflyer.jp/ja-jp/security

マルチシグは端的に言うと、送金するためには複数の署名が必要だよというもので、従来の単独の署名だけで送金できるシステムと比較すると、各段にセキュリティ性は高くなると言えます。

ビットフライヤーは2015年からマルチシグを実装しているため、この点からもセキュリティ面に信頼がおける取引所と言えるでしょう。

業務改善命令を受けていない

2018年3月8日金融庁は仮想通貨取引業者に業務停止命令を2社に出すとともに、以下の業者に対しても業務改善命令を出しています。

    業務改善命令が出された業者

  • コインチェック(二回目)
  • テックビューロ(Zaif)
  • GMOコイン
  • バイクリメンツ
  • ミスターエクスチェンジ

上記リストを見ると有名なZaifやGMOコインも業務改善命令を出されていますが、ビットフライヤーは対象となっておりません。この点から見てもビットフライヤーの運営体制やセキュリティが信頼できると判断可能です。

ビットフライヤー公式WEBサイトにアクセス

手数料(スプレッド)が高い

ビットフライヤーは販売所形式の仮想通貨取引所です。ビットフライヤーから仮想通貨を購入するという形式です。この形式だと手数料が大きくなってしまいますが、好きな量をビットフライヤーが提示した価格で必ず購入できるので、初心者にとっては分かりやすいと思います。

一方、個人対個人の取引所形式(Zaifとか)であれば、手数料は小さくなります。
しかし、自分の希望する価格で購入できる保証はありません。また、少しだけ購入までの手間が発生しますので、何にも分からない初心者にとっては辛いかもしれませんね。

ということから販売所という性質上、ビットフライヤーの販売手数料(スプレッド)は高くなってしまうというデメリットがあります。
たまにビットフライヤーの紹介記事で手数料が低いとか書いてるやつはスプレッドの存在を無視してるので話になりませんから、信じないようにしましょう。

初心者にビットフライヤーはオススメか


私はオススメできると判断しました。まず、セキュリティ面で信頼できるという点と仮想通貨購入までのプロセスが簡単ということが最大のメリットでしょう。

ビットフライヤー公式WEBサイトにアクセス

しかし、ずっと販売所であるビットフライヤーを使って購入し続けることはオススメしません。とりあえずビットフライヤーで仮想通貨に慣れてきたら、取引所形式で購入することをオススメします。

また、スマホアプリにも対応しているという点で初心者にオススメできます。
一応他の取引所もアプリ版があったりしますが、ブラウザと対して使い勝手が変わらなかったりするものも多くあります。

画像のようにスマホアプリは使いやすく、UIも見やすく設計されています。初心者でもスマホのみで簡単に初期設定・セキュリティ対策・通貨の購入を行うことが可能です。
ビットフライヤーのスマホアプリについては下記の記事で紹介しているので参考にしてください。

【bitFlyer スマホアプリ】ビットフライヤーの登録方法を全工程スクショ付きで完全解説

スプレッドがやっぱり気になる場合は

取引所形式で購入できるところに登録しましょう。
買いたい仮想通貨にもよりますが、ネムやトークンを購入したい方はZaifをオススメします。

Zaif公式WEBサイトにアクセス

【Zaif 2018年版】スマホだけでZaif(ザイフ)に登録する方法を全工程スクショ付で完全解説


ライトコインやリップルを買いたい場合はビットトレードがオススメです。

ビットトレード公式WEBサイトにアクセス

ビットトレード(Bit Trade)の登録方法を完全解説!

取引所カテゴリの最新記事