【2018年版】図解で分かる仮想通貨の基礎知識

【2018年版】図解で分かる仮想通貨の基礎知識

こんにちは、仮想通貨の精霊ビットコヌシです。
最近は、新聞やテレビなどで「仮想通貨」「ビットコイン」というワードを頻繁に耳にするようになりましたが、一般の認識としては詐欺だとかバブルだとかネガティブなイメージが先行しており、結局よくわからないという人が大半だと思います。
そんな中、周りに流されず仮想通貨に興味を持ち、このページを開いたあなたはきっと常に新しいことを検証できる優秀な方なんでしょうね!
さて、このページでは仮想通貨やビットコインの基礎知識を重要なポイントに絞って説明します。

仮想通貨は電子マネーとは違う

仮想通貨=インターネット上で使われるお金
インターネット上のお金なので実体はなく、データで管理されています。
楽天のEdyとかmanacaなどの電子マネーもデータ上で使われるから仮想通貨では?と思ってしまいますが、仮想通貨は電子マネーとは違います。大きな違いとしてはどこへでも送金出来るという点です。
また、電子マネーは一度日本円からチャージしてしまうと日本円と交換したり、他の通貨と交換することは出来ませんが、仮想通貨であれば、日本円や米ドルに交換したり、他の仮想通貨に交換することが可能です。

仮想通貨は既存の送金システムの常識を破壊する

仮想通貨のメリットとして送金が速く、そして安く済ませることが挙げられます。
それでは、実際のケースで考えてみましょう。
アメリカの友人に日本から10万円送金するとします。そうすると当然日本円のままではアメリカでは使えないので、ドルに変えなければなりません。そのためには送金銀行から中継銀行を経由し、受取銀行に送金しなければなりません。
そのため、10万円送金すると各経由銀行の手数料等で約4500円も掛かってしまうんです。
しかも、複数の銀行を経由して処理が進められるため、送金の所要時間としては、1日以上、長い場合は1週間も掛かってしまう場合もあります。
対して、仮想通貨の場合非常に安い手数料で送金でき、換金しなくても良いので所要時間も数秒とかなり低くなります。
これは既存の送金システムの革命と言ってしまっても過言ではありません。

余談ですが、今まで社会が急速に発達したポイントは、何かを送る機能が進化したときに起こりました。
例えば、鉄道や飛行機、インターネットなど何かをより早く送ることが出来るときに産業革命が起こったんです。
この仮想通貨もまたお金を送るという部分で革命を起こそうとしています。今までの歴史を振り返ると普及していかないはずがないと個人的には思っています。

仮想通貨は信用出来るのか?

結局、仮想通貨が通貨として利用されていくためには、通貨として信用出来ないと使えないですよね。
結論から言うと仮想通貨は信用せざるおえないシステムで成り立っています。
信用せざるおえないシステムとはなんぞや?
それは、ブロックチェーンという技術を採用しているからです。
ブロックチェーンとは一言で言うと全世界のみんなで不正や改ざんを開始しよう!というシステムです。
すべての取引は公開され、みんなで不正や改ざんがないかチェックします。当然ボランティアでチェックをしたがる人はいないですから、一番チェックを頑張った人には報酬が与えられます。この報酬を得ることをマイニングと呼びます。仮想通貨を学んでいく上でマイニングは頻出するワードなので覚えておきましょう。
このブロックチェーンは、既存のシステムとは大きく管理方法が異なります。今までのシステムは管理する人が居て、それを信頼して取引などをするイメージでした。しかし、この従来のシステムでは、管理者が不正行為を簡単に出来てしまうため、取引の不透明性がどうしても発生してしまいます。しかし、ブロックチェーンでは管理者がおらず、利用者がお互いに監視しているため、不正行為は出来ません。この点で、従来のシステムより仮想通貨は信頼できる画期的なシステムを持っていることが分かります。
ブロックチェーンについて、詳しく説明するとかなり難しい話になりますので興味のある人はgoogleとかで検索すれば専門的な内容を解説している記事が出てくると思いますよ!

そして、仮想通貨が信用できるもう一つの理由としては、仮想通貨を発行できる上限が設定されているという点です。
ビットコインは2100万枚しか発行できません。つまり仮想通貨は金のように数に限りがあるということになります。
一方、国の発行する紙幣はどうでしょう?国次第ですよね?インフレしまくって紙幣が機能しなくなった国もありますよね。日本は比較的貨幣の価値が安定している国ですが、主に発展途上国では国の発行するお金が信頼できないという国もたくさんあります。そんな国では仮想通貨を持った方安心という考えに当然なっていくと思います。というかすでにそうなっている国がたくさんあります。この状況で仮想通貨が普及しないと思えますか?

安全?なんかハッキングされて不正流出したとか聞いたけど?


そうなんです。仮想通貨は今までハッキングの被害に度々あっています
つい最近では日本の仮想通貨販売所コインチェックで600億相当の仮想通貨が不正流出しました。実際私もコインチェックで仮想通貨を持っており、被害を被りました・・・
しかし、これらの不正流出は仮想通貨自体のシステムに問題があった訳ではないんです。
これらのハッキング事件はすべて仮想通貨を取り扱う取引所や販売所のセキュリティに問題があったことから起きてしまった事件なのです。
ここが仮想通貨の現時点での課題であり、仮想通貨のセキュリティは高いものの、それを取り扱う取引所のセキュリティが追い付いてないという現状があります。逆に言えば、今後仮想通貨を使いたい人たちが安心して持てる状況になれば、さらに普及していくのではないでしょうか。

仮想通貨の代表「ビットコイン」


仮想通貨の代名詞であるビットコイン。この世で初めて生まれた仮想通貨がビットコインです。
ビットコインは、2008年に「サトシ・ナカモト」という謎の人物がビットコインに関する論文を発表し、それに興味を持ったプログラマーなどが次々とプログラムの作成に参画していったことで生まれました。
ちなみに生みの親であるサトシ・ナカモトは、日本人っぽい名前ですが、本当に日本人なのか、そもそも偽名なのか本名なのかも分かりません。日本人としては、偉大な発明をしたナカモトサトシが日本人だと嬉しいですけどね笑
さてここからはビットコインの歴史を振り返りたいのですが、正直長くなるのでポイントを図にまとめましたのでご覧ください。

ビットコインの歴史まとめ

ビットコインの価格推移は?
ビットコインが生まれた直後の2009年頃には、1ビットコインが日本円換算で約1円程度でした。しかし、2017年12月には1ビットコイン200万円という値段を付けています。
ということは2009年に1万円分のビットコインを買っていれば、200万倍の200億円になっていたということになりますね…笑
下記がビットコインの現在の価格になります。ビットコインの今までの価格推移を確認したい場合は、「相場推移チャートを表示」をクリックしてみてください。

今更仮想通貨に参入しても遅くないのか?

ビットコインは2017年末に100万円を超えており、もう仮想通貨を買っても間に合わないんじゃないかと思いますよね。
結論から言うと仮想通貨市場はまだまだこれからです!今からでも十分に間に合うと考えています!
仮想通貨が発展途上である3つの理由

  • 仮想通貨を持っている人は意外と少ない
  • 仮想通貨全体の時価総額は意外としょぼい
  • ビットコインはパーフェクトな仮想通貨ではない

仮想通貨を持っている人は意外と少ない


引用:MONEXグローバル投資家サーベイ2017年6月調査

上の棒グラフを見てください。このデータによるとまだまだ仮想通貨を持っている人は少ないことが分かります。
広く世界に浸透している株式投資の場合、日本人の株式保有割合は約20%、アメリカでは約50%と株式投資と比較して仮想通貨はまだまだ持っている方が珍しいということが分かります。今後、投資として仮想通貨が一般的になるとともに、実際に送金などで使われるようになれば、現在の価格から数倍以上になることが容易に想像できます。

仮想通貨の時価総額

先ほど説明したとおり、仮想通貨を持っている人は数パーセントと非常に少ないです。したがって、仮想通貨市場全体の時価総額もまだまだ小さいです。
下記は、株式などの投資先ごとに時価総額をまとめたものです。これを見れば分かるように仮想通貨の時価総額は小さく、これからの伸びしろは十分にあると考えています。

主な時価総額一覧

  • 米株式 4000兆円
  • 米ドル 1800兆円
  • 日本円 1200兆円
  • ゴールド 800兆円
  • ユーロ株式 600兆円
  • 日本株式 550兆円
  • Apple 90兆円
  • Google 80兆円
  • マイクロソフト 70兆円
  • Amazon 60兆円
  • 仮想通貨 60兆円
  • Facebook 55兆円

ビットコインはパーフェクトな仮想通貨にあらず

将来、新しい通貨として期待されているビットコインですが、問題を抱えています。
ビットコインの取引を行った際、その記録はブロックに書き込まれますが、その1ブロックに書き込めるデータ量が1MBしかなく、今後世界中で取引されることとなった場合、そのデータ量では全ての取引を賄うことは出来ません。既に、取引量の増加から送金する際にかなり多くの時間を使ってしまっています。
また、1ビットコインの価格が上がりすぎたため、送金手数料が高くなってしまっています。現時点で数千円の送金手数料が取られてしまう現状となっています。
このようにビットコインには問題点も多く、将来ビットコインだけが仮想通貨として活躍できるとは考えられません。
そこで注目したいのがビットコイン以外の仮想通貨です。ビットコインの代替通貨のことをアルトコイン(オルトコイン)と呼びます。
アルトコインはビットコインの欠点を補うよう設計されたものが多く、例えばリップル(XRP)という仮想通貨は国際送金に特化し、送金コストをかなり低く抑え、送金時間も4秒で済ませることが出来ます。
したがって、これから仮想通貨に参入する方は、有望なアルトコインに投資することでチャンスを掴めるのではないかと僕は考えています。

今回の最重要ポイントまとめ

(1)仮想通貨は従来の送金システムに革命をもたらす可能性がある。
(2)仮想通貨のセキュリティ性能は高いが、取引所のセキュリティに課題がある。
(3)ビットコインには欠点がある。代替通貨であるアルトコインに期待がかかっている。
いかがでしたでしょうか。なんとなく仮想通貨について理解できたのではないでしょうか。

仮想通貨を買ってみたいという気持ちになった方には次の記事をオススメしています。

オススメする将来有望な仮想通貨(アルトコイン)を紹介
2018年今仮想通貨投資を始めるべき理由

仮想通貨解説カテゴリの最新記事